初期設定テンプレートの設定

予めいくつかのサンプルとして設定を用意させていただいております。
こちらのページに一覧がございますのでご覧ください


テンプレートファイルの設定

この設定では、直近ログの表示形式をある程度編集していただけます。

とりあえず、最低限のHTMLの知識は必要ですので、まったく分からない方は編集しないでください

設定方法は、非常に簡単で、特定の文字列の部分を展開し別の文字列に置き換えて処理いたします


例えば、%date% と言う文字列は、アクセスのあった時間(例:2002/01/01)に
置き換えられます。

表1、テンプレートファイル専用タグ一覧表
タグ
置換される内容 備考
%date% ・・・ アクセスのあった日付 例:)2003/01/01
%time% ・・・ アクセスのあった時間 例:)15:05:00
%ref% ・・・ リンク元URL
%remote_host% ・・・ リモートホスト
%resolution% ・・・ 画面の解像度
%color% ・・・ 画面の色数
%beforetime% ・・・ 前回アクセス時間
%retimes% ・・・ 訪問回数
%user_agent% ・・・ ユーザーエージェント
%language% ・・・ ブラウザの設定言語
%ip% ・・・ IPアドレス
%city% ・・・ 都道府県名
%speed% ・・・ 回線種別
%page_name% ・・・ ページ名 全ページ指定時のみ有効
%key_word% ・・・ 検索ワード
%first_sec% ・・・ 初回アクセス日